今年度が終わるというのに…

3月になりコロナの影響で様々な催し事が中止となった。成田市では全国でも珍しく小中学校の登校が再開したが、どこも卒業式などは縮小し、今までと同じようには出来なかった。式を中止にしたところもあったのだから、できただけでもと感謝している。…そうなんだよなぁ…でもやっぱり子ども達や親や先生方は辛いだろうなぁと。子プラにも卒園、卒業を迎えた子ども達がいる。みんな、ホントにおめでとう。みんながたくましく育ってくれる事を祈ります。

子プラでも、3月の観賞会、3月下旬に出発予定だった「北総春の交流会」、4月下旬に行う予定だった「子どもまつり2020」を中止とした。春交は、会議を重ねていざ出発となったところでの中止だ。そして、この中止にするかどうかも中高生の実行委員達で決める。やはりキャンプ場が臨時閉園になった事も大きかったようだ。しかし実行委員の子ども達はさぞがっかりしてる事だろう。

4〜6年生が実行委員となる「子どもまつり」も会議ができずに今まで話し合った規模ではできないので中止とした。これからまだまだ話し合いを重ねて、みんながやりたい、やれる子どもまつりを作っていこうと思っている。

3月ももうすぐ終わりである。つまり、今年度の子プラの活動も終わりである。はやく、コロナが終息を迎えます様にと祈るばかりである。来年度に向けて、子プラも着々と前に進んで行きますよぉ〜(o^^o)