あっというまに…

7月ももうすぐ終わってしまう、理事長のつぶやきが6月で止まっていることに気づく😅日々目まぐるしく変わる状況に対応していくにはなかなか体力がいる。さて、何から話そう。

新型コロナウイルス感染がなくならない中で、私たちは立ち止まらない事を選んでいる。終息を待っている間にも、子どもたちは成長するからだ。子どもたちの1年はとても大切だと思い、その時期に色々な事を考え、想像し、体験する事で「生きる力」に繋げて欲しいと思っている。

自分の気持ち、思いを言葉にする事はなかなか難しい事である。相手の気持ちを想像し考える事も難しい。しかし、どちらも人と人、相手があることには変わりない。人との繋がりの中で培っていくものは計り知れない。良い経験も辛い経験も全て自分を成長させてくれるものだと思っている。子どもたちには、鑑賞体験で相手へ思いを馳せる力、想像力を育んでいって欲しい。そして、色々な人と関わりながら多くの体験をする事で、色々な気持ちを感じていって欲しいと思っている。

久しぶりに書いたらなんだか真面目な話になってしまったなぁ…次回は久しぶりに子どもたちと遊んだ話をしよう。