良いお年をお迎えください

今日は大晦日。今年最後に私の気持ちを書いておこうかな。子プラに関係ない事で失礼します😅

今年はいつもとかなり違う年だった。今までのやり方は通用しない事が多かった。でもだからこそ大切なものもいっぱい見つかった年でもあるような気がする。

私は周りの人々にとても恵まれていると、子プラに入る前もだが思っている。幸せ者だなぁとしみじみ思う事も多々ある。こんな気持ちにさせてくれるみんなに感謝だなぁ。みんないつもありがとぉ〜💕

もちろん、辛い時もある。そんな時に力になってくれるのが、やはり周りにいる人達だ。私は、経験しないより、した方が良いと思っている。辛い経験でさえ、色んな経験を積み重ねていく事でより深い人生を歩めると信じている。子ども達にも色んな人と出会い、体験し、いっぱい考え想像していってほしいと願っている。

今年一年ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。良いお年をお迎えくださいませ。

今年最後の鑑賞会

今年最後の鑑賞会は、ピアニカの魔術師だ。

ピアニカ、ドラム、ギターやカスタネット、3人で奏でる音楽は迫力があり、心震わす程だった。小学校で習っていたあのピアニカを、演奏者のミッチュリーさんは、両手弾きで巧みに素敵な音色を奏でていた。自然に身体がリズムを取り、心が洗われていくような感覚だった。音楽に合わせ、その場で踊り出す子ども達もいた。幅広い年齢で楽しめる、音楽って素晴らしいなぁ…

そして、音楽だけでなく、ミッチュリーさんのトークに胸が熱くなった。今回の公演で心打たれた大人は多く、涙してる人が多くいた。平和を願う気持ち、自分は音楽で人々を笑顔にするんだと、ストレートで熱い思いがビンビン伝わってきた。きっとミッチュリーの想いは、子ども達にも伝わっていく事だろう。

 

今年最後のワークショップ

「劇団風の子」の大森靖枝さんによる、親子で参加型劇あそびを届けた話をする。

本来なら親子で一緒に動きまわり、みんなで演者になってあそぶ参加型である。しかしコロナ禍であり、講師である大森さんはソーシャルディスタンスを考慮し、演出を工夫して頂いた。子どもたちはお母さんと一緒に、精一杯の感情を出し切っていた。

今回、感染防止対策をしながらの参加型には、講師の大森靖枝さんは演出に大変苦労したに違いない。しかし、本番では離れていながらでも子どもたちを惹きつける力に脱帽!さすがプロだと改めて感じた。

2020年が終わる…

いつのまにか12月も暮れになってしまった。またまた理事長のつぶやきが更新できてない事に気付く。

今日は、子ども劇場千葉県センターがコーディネートする
文化芸術による子供育成総合事業(文化庁芸術家派遣事業)について話してみよう。私たち子どもプラザ成田も、この事業に地域担当として毎年関わっている。

今年度は成田市立公津小学校、遠山小学校、富里市立浩養小学校、安食町立安食小学校の4校に届けた。届ける文化芸術はさまざまで、狂言や落語などもある。プロによる体験は子ども達にとって初めてが多い。今年は新型コロナの影響で、学校でのイベントがほとんど無くなっている状態であろう。そこに授業の一環として子ども達に文化芸術を届けられた事を嬉しく思う。

もしかしたら、体験した子ども達の中に将来プロの芸術家になる子どもがいるかもしれない。そのきっかけが、今日、この日、この時、そんな瞬間を届けているかもしれないなぁ。なんて(笑)