風の子バザール 楽しかったぁ。

29日、劇団風の子による「風の子バザール」をお届けした。セットを見てるだけで、いろんな国の楽器や衣装が並んでいてワクワク…(≧∀≦)

子どもたちは舞台の目の前の座敷に靴を脱いで見る。一緒に見ている仲間と劇団とも近い場所、この空間が鑑賞をより一層身近に心を揺さぶるのだ。子ども達は物語によって、いろんな感情が湧き上がるだろう。楽しい、面白い、悲しい、悔しい、そんな感情を一緒に見た仲間や親と共有できること、人によって自分と違う反応がある事なども知る。

今日は風の子バザールで、いろんな国のお話を体験した。日本と同じように、どの国にもずっと話し継がれている面白い物語がいっぱいあるんだ。いろんな国のお話をもっと聞きたい、知りたいなぁ…そんな気持ちにさせてくれる鑑賞でした。

終演後に、セットの楽器や衣装を触らせてくれ、子ども達にはとても貴重なステキな時間を頂きました。風の子さんありがとうございました!

鑑賞中もその後も子ども達の目がキラキラ、笑顔もいっぱい。あぁ、この作品を見てもらって良かった♡これからも心を育てる作品をいっぱい届けて行くぞぉ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です