とにかく笑った笑った、そして感動…

21日、子どもプラザ成田が今年最後に届ける鑑賞作品が終わった。ラストラーダカンパニーによる「ぷれみっくすのコメディーシアター」である。国内外で活躍しているみなさんだけあって、プロフェッショナルな技の数々に加え、幻想的でおしゃれ、カッコイイ。そして何よりも面白かった‼️

観客の笑い声、歓声、舞台に集中しているからこそ出る子ども達の演者への声かけ、全てが会場を1つにしていた。あっという間の1時間だった。

公演前の事前として、千葉大学ジャグリングチーム、ポッサムによるジャグリングワークを2日間行い、今日は教わった技を公演前にホールで披露した。多くの子ども達が、みんなの前に立って、ディアボロ、シガーボックス、デビルスティック、ポイ、ボール、皿回し、アートバルーンなどを見せてくれた。勇気を出して前に立ってくれた子ども達。上手な子もいるが、失敗しても一生懸命何度も挑戦している姿がとても印象的だった。子ども達がイキイキしてる。ワークの後に、ぷれみっくすを観た親子やポッサムの学生達はきっと刺激を受けたに違いない。

ぷれみっくすは、親子3代で観られる作品としてみんなに紹介してきたが、今日観ていたみんなの姿を見て本当に年齢に関係なくみんなで笑い、楽しみ、ドキドキして、幸せな時間をすごす事が出来た。こんな作品を届けられる子どもプラザって凄いなぁと、理事長自ら思う😊

さてさて、今年最後の理事長のつぶやきでした。              皆さま、良いお年を。                                                  来年も、子どもプラザ成田をよろしくお願い致します。           会員募集中ですよぉ〜

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です