今年最後の鑑賞会

今年最後の鑑賞会は、ピアニカの魔術師だ。

ピアニカ、ドラム、ギターやカスタネット、3人で奏でる音楽は迫力があり、心震わす程だった。小学校で習っていたあのピアニカを、演奏者のミッチュリーさんは、両手弾きで巧みに素敵な音色を奏でていた。自然に身体がリズムを取り、心が洗われていくような感覚だった。音楽に合わせ、その場で踊り出す子ども達もいた。幅広い年齢で楽しめる、音楽って素晴らしいなぁ…

そして、音楽だけでなく、ミッチュリーさんのトークに胸が熱くなった。今回の公演で心打たれた大人は多く、涙してる人が多くいた。平和を願う気持ち、自分は音楽で人々を笑顔にするんだと、ストレートで熱い思いがビンビン伝わってきた。きっとミッチュリーの想いは、子ども達にも伝わっていく事だろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です