理事長のつぶやき

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

4月になり、新年度を迎えたが…

4月と言うと本来なら、新入生、新社会人など新しい門出を祝う言葉があちこちで聞かれる時期でお祝いの席もいっぱいあるはずだ。しかし今は我慢の時、自粛しなさい、気をつけなさい、自宅待機、こんな言葉ばかり聞く。新型コロナ感染状況を見ると当たり前である。1人1人の自覚が感染拡大を防ぐからだ。

しかし、言葉を伝える事はできる。いつもメールやラインでやりとりしている人達に、こんな時だからこそ電話をしてみよう。会えないから声を聞こう、声を伝えよう。ラインで近況報告も良いけど、たまには電話で話してみるのも良いな。

言葉は伝えられる…という事で

新しい門出を迎えた子ども達、みんなおめでとう㊗️これからいろいろな事を学び、経験して欲しいです。楽しい事や辛い事、自分が経験したその1つ1つ全てが人生を豊かにすると信じて…

今の状況では不安な事もあるかもしれない、私たちもそれは同じ。でも、絶対に乗り越えられる、私はそう信じてる。いつか多くの子ども達と一緒に活動できる日が1日でも早く来る事を信じて。

今年度が終わるというのに…

3月になりコロナの影響で様々な催し事が中止となった。成田市では全国でも珍しく小中学校の登校が再開したが、どこも卒業式などは縮小し、今までと同じようには出来なかった。式を中止にしたところもあったのだから、できただけでもと感謝している。…そうなんだよなぁ…でもやっぱり子ども達や親や先生方は辛いだろうなぁと。子プラにも卒園、卒業を迎えた子ども達がいる。みんな、ホントにおめでとう。みんながたくましく育ってくれる事を祈ります。

子プラでも、3月の観賞会、3月下旬に出発予定だった「北総春の交流会」、4月下旬に行う予定だった「子どもまつり2020」を中止とした。春交は、会議を重ねていざ出発となったところでの中止だ。そして、この中止にするかどうかも中高生の実行委員達で決める。やはりキャンプ場が臨時閉園になった事も大きかったようだ。しかし実行委員の子ども達はさぞがっかりしてる事だろう。

4〜6年生が実行委員となる「子どもまつり」も会議ができずに今まで話し合った規模ではできないので中止とした。これからまだまだ話し合いを重ねて、みんながやりたい、やれる子どもまつりを作っていこうと思っている。

3月ももうすぐ終わりである。つまり、今年度の子プラの活動も終わりである。はやく、コロナが終息を迎えます様にと祈るばかりである。来年度に向けて、子プラも着々と前に進んで行きますよぉ〜(o^^o)

新型コロナウィルス

今この言葉を聞かない日はない。

子どもプラザ成田も3月1日の鑑賞会を中止とした。大きなイベントはどんどん中止になり、学校も全国で春休みまでほぼほぼ休校となる。

今まで何度も会議を重ね、準備してきた「子どもまつり」「北総春の交流会」も中止、延期、縮小などの選択が迫られている。子ども達が作り上げている活動だからこそ、子ども達の安全を第一に。しかし、この数ヶ月間子ども達が何度会議を重ね合ってきただろう。どんなにいっぱい話し合ってきただろうか…その事を考えると胸が痛くなる。

とは言え、全国規模動く案件なので仕方ない。

君たちが話し合っていた時間は決して無駄ではないはずだ。これからもまだまだ話し合っていかなくてはいけないだろう

 

はねるマレット うたうマリンバ

2019年度、最後に届ける鑑賞は音楽だ。

クラシック音楽…なんだか敷居が高く感じる。ところがどっこい、この音楽会は想像と違う⁈聞き覚えのあるクラシックの名曲、心地よい音色、綺麗なドレスの演奏者達。だけどとても身近に感じる。あったかい空間…

おしゃべりは関西弁だから…?いや、それだけではない。初めて聞くクラシック音楽が、みんなの心にどんなふうに残るんだろう。ワクワクしながら、鑑賞の日を待つ。

3月1日、この日は子どもから大人まで、子プラがお届けするマリンバカンパニーのクラシック音楽を是非聴いてください。後悔はさせません😊

子ども参画とは…

「参画」という言葉を聞いたことがない人も多いだろう。かく言う私も、子プラに入会してから知った言葉だ。意味を知るのはその後しばらく経ってから。子ども参画とは、子どもが自ら実行委員となり、自分たちの手で計画をし、何度も会議を重ね運営、実行する事だ。もちろんその期間中、サポートする青年や見守る大人もいる。

1年を通して、子プラではこの子ども参画活動を行う。今の時期に実行委員会を行っているのは、「北総春の交流会」と、「子どもまつり」である。今日は「北総春の交流会」通称「春交」の話をしよう。

春交は、NPO法人いんざい子ども劇場と白井子ども劇場、NPO法人子どもプラザ成田の3劇場が合同で、中学1〜高校3年生が中心となり実行委員を立ち上げる。3役も決め、18歳以上の青年や大人もサポートとして加わり2泊3日のキャンプを実行する。

3劇場合同の為、3役会、実行委員会を経て、各劇場での会議もする。それぞれの会議で上がったものを3役会と実行委員会で進めていく。キャンプが終わった後にも来年度の為に反省会や考える会をする。計画→実行→評価→改善サイクルがしっかりと次の代に伝わっているのだ。何十年も続き、子ども達がとても貴重な体験ができる春交をずっと続けていきたいものである。